プロフィール

サバンナ子

  • Author:サバンナ子
  • サバンナ子が愛するうさぎ達との日々をかわいい写真とともに綴っていた過去ニッキです。現在は「恋する小鳥」のなかの恋するうさぎというカテゴリーに統合しています。最近は沢山のかわいそうなウサギのニュースが相次いでいますが、鳴かないウサギとの切ない日々は毎日が感動。ウサギも幸せに飼い主も幸せに、そんなふうにウサギを飼ってくれる人が、沢山増えますようにと祈って。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
うさぎ好きにおすすめ商品

訪問有難う御座います
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
逃げるウサギ
私の胸のなかで、まったく動かないハビちゃん。
いつだってテレビを観るときは、
腕枕でうさぎがのほほんとする日々。
ああ、幼いお前たちはガサガサバリバリとそれはがさつで、
お母さんはいつかこんな穏やかな日が来るなんて
想像もできなかったよ・・・・。
特にハビはおとなしくなって、
そうそう私を噛んだりしない(まあ、それが普通なんだろうけど)。
でもたまに私が寝入りだすと・・・

ぶれぶれ


やっぱり逃げるのか!





スポンサーサイト
我が家のうさぎ達め | 【2006-09-04(Mon) 14:08:29】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
ちょうどよく残暑に脱毛するうさぎ
今頃になって毛が抜けるうさぎが続出。
どうやら生え変わりの時期みたい。

きもい


元々刈ってるから、色が良く見える。
地肌はピンクで健康そうなんだけど、
まだらーってなってますね。
チェストナッツって根元と毛先で色がぜんぜん違う。
まだまだ暑いので刈りっぱなしのつもりなんですが
この短い毛でも生え変わりになるのね。

耳の後ろ


カキカキしてもらうのが大好きな耳の後ろは
特に深い毛並みになている。
耳を守っているんでしょうね。

うつろじゃん


小鳥の羽の生え変わりは小鳥がすごくナーバスになるので
体力の消耗とかに気を使うのですが
うさぎももしかしてそうなのかなあ。
ちょっとテンション落ちてる顔ですね。

うらみます


「恨みま~す♪ 恨みま~す♪」
っていう懐かしのメロディが似合う顔・・・。

我が家のうさぎ達め | 【2006-09-01(Fri) 02:25:25】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
すねすねマンボな夏休み
すねすねマンボ


ハビはこの夏少し暑さにばてていて
なかなかご飯をたくさん食べてくれない。
その上私が毎年恒例の伊勢参りにいそいそと向かったもんだから
ハビの拗ね拗ねは頂点に達してしまったようだ。
家に帰ってご機嫌伺うと、ぜんぜんこっちを向いてくれない。
他の子たちに餌をあげると
素直に頭をなでなでしてもらいにやってくるのに
ハビだけは後ろに飛びずさって手から逃れようとする。
で、無理やり捕獲して胸の中にぎゅう。
ハビ、思ったより抱きついてこっちを見てる。

・・・・・お前ー、人間の女だったら最高なのに。

というわけで、拗ね拗ねモードのハビちゃんが
膝の上を枕にしてじっとしがみついている様子を写真におさめました。
なんだかなー、暑いからごはんもおいしくないんだよね。
お医者さんに行って薬で胃腸を動かしているのですが
早く涼しくなってあげてほしいです、ほんと。
クーラーかけすぎると小鳥さんが寒がるし、
ぴーちくぱーちく頭にマメ達が飛んできても
ビクともしないハビなのでした。
でも時々こうやって・・・

自殺・・


うつろな眼が心配です。
最近写真とったらみんなこんな顔なので、
余計にお母さんは心配です。


我が家のうさぎ達め | 【2006-08-18(Fri) 19:24:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ホアの発作
入院しなきゃ


久しぶりといってはなんですが
ホアがてんかん起こしました。
半年に一度くらいの割合でてんかんというかひきつけを起こすのですが
すぐにおさまるので病院へ連れて行ったことがないんです。
私はあまり獣医が好きでなくて、
特にひきつけの発作なんかも10分くらいでおさまって
あとは全然元気で食欲ももりもりなので
あんまり深く考えずにやってきました。
薬投与だけならともかく手術やや闘病生活させるほどの病気になったら
私は素直に安楽死させてしまうほうかもしれません。
子供の臓器移植についてもそう思うのですが
私は苦しい思いをさせて、こちらが喪失の痛みをうけとめたくないばかりに
命を無理やり人工的な努力でつなげていくことよりも
自然に生きて自然にしなせてやることのほうが
動物にとっては大事なんじゃないかと思う派です。
もちろんできる限りのことはしてやりたいと思うのですが
今ホアが日常的に苦しむのならともかく、
その発作さえおさまればまたまったく元気で暮らしているので
色々プラスとマイナスを足した結果、
このまま様子を見ていこうと思ったのでした。
発作を起こすと狂牛病の牛みたいなかんじで
転げてしまいます。
触るとキーキーと小さく鼻息をあげるので、
もしかしたらいたいのかもしれませんがとにかく
抱きしめてタオルにしっかりくるんで足を固定して
そのまままた毛布をかけてじっと抱きすくめたままにします。
そうすると安心するのか次第におさまってくるので
ずっとふたりで横になっているまま寝てしまいます。
ホアは普段抱っこされるのはすごく嫌がるのですが
今日は本当におとなしく、ただ胸の中で荒い息を繰り返していました。
うさぎは後ろ足がぶらーんとなるとすごく不安になるので
後ろ足をしっかり抱くようにしなきゃいけないってよく言われますが
だからなのか、足を固定していると落ち着くようです。
赤ちゃんもそうらしいですよね、私がエジプトで見た赤ちゃんは
しばらくの間石膏の入れ物で足が固められているんですよ。
おむつを替えるときはすぽっとそれから下半身を抜く。
だから赤ちゃんはまったく泣かないんですよね。
たまに泣くと足をおさえつける、するとすぐに泣き止む。
日本の赤ちゃんは本当によく泣くのでこれは驚きでした。
確かに人間もうさぎも足は地についているものとなってますよね。
チンパンジーとかなら足で木やお母さんに巻きついたりするので
それほど足が不安定でも鳴いたりしないのかもしれません。
てなことを考えながら白いかたまりを抱いて寝てしまいました。
ちょっとホアは太っているので、まるで白熊の赤ちゃんを抱いているようです。
がっしりしています。
このあとは4時間こうしていたんですが、元気になったので
ケージにかえしました。
ご飯たべてそのままふらふらっと寝ちゃいましたが
時折活発にいつもどおりに動いているのでもう大丈夫でしょう。
でもこの発作はなんなのでしょうね。
あんまりうちはうさぎが病気したことないので
ちょっと心配ですがまあ大丈夫かな。
結構こういうてんかんをたまに起こすうさぎって多いみたいです。
でも写真でもくたびれモードわかりますよね。
やっぱり大丈夫じゃないのかなあ。











我が家のうさぎ達め | 【2006-04-07(Fri) 02:39:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
毛がふわふわになってきました
夏に丸刈りするうちのうさぎたち。
でも冬がちょうど終わった頃に
なぜかみなさんの毛は冬支度満点の
最高の状態にのびています。
ごめんね、ちょっと秋口まで刈ってたもんね。
のびるの遅かったね。
寒い冬 終わっちゃったよ。
もうあと3ヶ月ほどでまた
丸刈りだよ。
しばしの間だけぬいぐるみみたいなふわふわ感を
お互い楽しもうな。

この間見た幽霊 お払い行ってお札をぺたぺた貼ったせいか
見なくなりました。
本当は犬がいたらたいがい出てこなかったんだけど
うさぎでは駄目かあ・・・。

急に見ると怖いわよ



我が家のうさぎ達め | 【2006-04-04(Tue) 21:58:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログランキング
こんなふざけたうさぎブログを書いてるくせにアクセス数が毎日500を超えるようなブログになりたい今日この頃

ブログランキング・にほんブログ村へranking
ブログランキングくつろぐ

ペットリンクス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。